ニュース
小峯研究室

【生命・健康科学研究室】小峯先生による講習会の報告

生命・健康科学研究室の小峯先生が、日本サッカー協会(Japan Football Association: JFA)で、BLS(Basic Life Support)講習会を行いました。

講習会は、CPR(心肺蘇生法)やAEDの使用方法を実際に学び習得することを目的に、日本ライフセービング協会が積極的に行っております。

協会のスーパーバイザーでもある小峯先生は、命の尊さについて現場のトレーナーやスタッフなどの参加者に話されました。

今後サッカーに限らず、日本のスポーツ界において、不慮の事故により大切な命を失わないために、多くの人が質の高い心肺蘇生とAEDの取り扱いを習得することが期待されます。

詳細はこちらはご覧ください。

JFAハウスでBLS講習会を実施(JFA 公益財団法人日本サッカー協会)
aa