ニュース
檀研究室

【応用認知脳科学研究室】理工学部教授 檀 一平太:脳血流からADHDを見分ける研究の記事が朝日新聞に掲載されました。

応用認知脳科学研究室と自治医科大学の共同研究グループが行っている脳血流からADHD(注意欠陥・多動性障害)を見分ける研究が、朝日新聞に記事として掲載されました。

「落ち着きがない」「待てない」などを特徴とするADHDの子供を脳の血流の変化を測定することにより、判定しました。

診断精度は約8割であり、精度が上がれば診断補助ツールとして期待ができるとのことです。

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

apital 朝日新聞の医療サイト:ADHD、脳血流から判定 診断精度8割 中大など開発

Yahoo! Japanニュース(朝日新聞デジタル):ADHD、脳血流から判定 診断精度8割 中大など開発
aa