学生生活
資格

技術士補合格者が累計20名に!

人間総合理工学科では、「技術士補」という国家資格の取得を奨励しています。「技術士補」は、「技術士」のエントリー資格。高度な技術力を持った技術者の称号である「技術士」への第一歩です。創設4年目で、技術士の累計合格者数が20名となりました!


技術士補の石川研学生のみなさん

「技術士」とは、科学技術に関する高度な知識と応用能力が、国によって認められた技術者です。科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威ある国家資格です。「技術士補」合格後、4年以上の実務経験をへて受験資格が与えられます。実務経験には、大学や大学院での教育期間も含まれます。

「技術士補」は、技術士となるのに必要な技能を修習するため、技術士を補助する者として認定される資格です。技術士補になるためには、技術士第一次試験に合格する必要があります。大学生でも受験資格があり、その合格自体が、高度な科学技術教育修得の証です。


技術士取得へのフロー

科学技術の分野は、21部門に分かれています。中央大学理工学部関連では、機械・電気電子・化学・建設・上下水道・衛生工学・経営工学・情報工学・生物・環境部門等があります。
中央大学理工学部の2016年度における在校生の技術士補合格者数は、176名で全国の大学で、3年連続1位となっており、科学技術教育の質の高さを示しています。

人間総合理工学科は、創設4年で技術士補合格者が累計20名に達しました。部門別にみますと、環境部門18名、建設部門1名、上下水道部門1名となっております。

ちなみに、当学科における環境部門の2016年度の合格者は8名で、実は学科レベルでは、全国1位の実績です。

人間総合理工学科の就職率は100%ですが、「技術士補」資格の取得は、就職活動での大きなアピールになります。大学院進学を経ての就職では、さらに効果的です。技術士補の取得は、技術者としてのキャリア構築の基礎となるものです。公務員、建設会社のエンジニア、コンサルタント等、様々な科学技術系分野の仕事で、技術士資格の取得が役立ちます。

合格者によると、学科の授業をしっかりと学び、一生懸命勉強すれば、必ず合格できるそうです。1期生、2期生の切り拓いた道を、さらに発展させていき、学生の「技術士補」取得を、人間総合理工学科では、サポートしてまいります。


aa