ニュース
研究発表水代謝システム研究室山村研究室

【水代謝システム研究室】修士1年生の古屋くんがIRRC2017にて口頭発表&論文がWater Research誌に掲載!

都市人間環境学専攻・修士1年生の古屋謙治くんが、2nd International Resource Recovery Conference (IRRC2017, Aug 5-9, New York)にて口頭発表を行いました。

本国際学会はInternational Water AssociationのSpecialist Group Conferenceの一つであり、2年に一度開催されます。2017年度はニューヨークにて開催され、世界各国から300人以上の研究者が参加しました。

Specialist Group Conferenceの口頭発表セッションは博士号を有する研究者の発表が大半を占めるなか、異例の修士1年生による発表となりました。


 

【学会名】2nd International Resource Recovery Conference (IRRC2017)

【開催期間】2017年8月5日~9日

【開催場所】コロンビア大学、ニューヨーク

【発表題目】Development of a novel polysulfone membrane with embedded zirconium compound for phosphate recovery from water

【発表者】Kenji Furuya, Akira Hafuka, Hiroshi Yamamura, Hisashi Satoh, Yoshimasa Watanabe

 

また、古屋くんの研究をまとめた論文が査読付き英文誌であるWater Research誌(Impact Factor: 6.942)に掲載されました。Water Research誌は環境工学および環境科学分野における一流誌です。

【タイトル】Development of novel polysulfone membranes with embedded zirconium sulfate-surfactant micelle mesostructure for phosphate recovery from water through membrane filtration

【著者名】Kenji Furuya, Akira Hafuka, Miho Kuroiwa, Hisashi Satoh, Yoshimasa Watanabe, Hiroshi Yamamura

【掲載誌名】Water Research

【巻・頁】124・521-526

詳しくはこちら