ニュース
都市生態学研究室原田研究室学科のお知らせ

原田芳樹先生就任のお知らせ


 

2020年4月、原田芳樹先生が本学科の新任教員に就任いたしましたのでお知らせします。

原田先生が主催する研究室名は「都市生態学研究室(Urban Ecology Lab)」。日常の都市環境を舞台に、生態学の考え方やデータの分析方法、そして得られた情報を政策やビジネスに応用する方法を学びます。都市計画で自然を活用する分野は理工系、農学系、芸術系に幅広く散らばっていますが、原田研究室はこれら全てを横断し、融合分野や都市全体を扱う数少ない研究室です。

<原田先生からのメッセージ>
15年間の海外生活から帰ってきたばかりで、日々口に入れる全ての食べ物が美味しく感じます。私が過ごした学生時代と比べ、今は多くの人々が、自分の生き方を自分で選ぶ時代になりました。そこには趣味やボランティアに加え、国内外の実務や資格、そして学位など、無数の「学びの選択肢」が存在します。このような時代を楽しんで生き抜くために、原田研究室では経験と知識に基づいた指導を行います。学生自身が納得のいく生き方を、一緒に考えながら、充実した学生生活を支えます。

<原田先生のご経歴>
島根県出身。早稲田大学 理工学部建築学科卒業。東京大学大学院にて修士課程修了後渡米。ハーバード大学 デザイン大学院客員講師、イェール大学 森林環境科学大学院 研究フェロー、コーネル大学 都市緑化研究所フェローを経て、中央大学 理工学部 人間総合理工学科に都市生態学研究室を設立。都市計画で自然を活用するためのデザインと科学を幅広く扱いつつ、緑地による環境改善効果の定量化と高度化を専門とする。デザイナーとしての作品にはフィラデルフィア市レース通り桟橋公園やニューヨーク市コロンビア大学マンハッタンビラ計画など。

より詳細な研究内容、経歴についてはこちらから。
aa