ニュース
檀研究室

檀教授がドラマ「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」の学術監修



応用認知脳科学研究室の檀一平太教授が、テレビ東京系列で放映のドラマ「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」の学術監修を行いました。松下奈緒さんの演じる主人公海堂梓は、脳科学の特任准教授も兼ねる異色弁護士。脳科学の専門知識を活かして、中山美穂さん演じる殺人事件容疑者の弁護と事件の謎解きを進めていきます。新米弁護士役の佐藤隆太さんの好演、アウトロー上司役の奥田瑛二さんの渋味も魅力です

そしてなんと今回のロケ地は人間総合理工学科のオープンラウンジ!海堂梓の小洒落た研究室として、fNIRS脳機能イメージング法による脳機能計測も実際に登場いたします。



今回のドラマでは、約1.5時間の本編の中、脳科学の専門知識が約20箇所に登場いたします。なんと、すべての内容に原著学術論文か教科書レベルの根拠を用意するという懲りようです。そして、さすが攻めのテレビ東京さん、かなりキワキワの専門知識を許容していただきました。




そして、このドラマでは、メインの謎解きの裏にもう一つの謎解きが展開します。海堂梓は脳をシステムとしてとらえ、殺人容疑者の脳がどうなっているのかを探求していきます。このサイドストーリーについては、檀教授による解説をご覧ください!

ちなみに、泉川実穂さんの演じる大学院生は、檀研究室の大学院生複数名をモデルに作られたキャラ。ちょっとデフォルメはありますが、脳の研究を実践する大学院生の雰囲気を味わってみてください。

2021年4月12日(月) 夜8時~9時54分放送                                
テレビ東京系列 月曜プレミア8 「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」
テレビ東京番組HPはこちら 
aa