ニュース
就職・進路状況

2019年卒就職・進路状況:個性のある選択

遅ればせながら、2019年度卒業生の就職状況を解説いたします。この年は第3期の学部卒業生と第1期の院卒が就職活動を行い、基本的には希望者はすべて就職という結果になりました。高レベルの就活実績を維持しつつ、「個性のある就職」が実践できています。

全体的な特徴として、時流を反映してIT系企業への就職者が増えつつも、人間総合理工学科の異分野融合教育の特徴を活かし、多様なキャリアパスの選択がなされています。全体的に、学部生は幅広い分野へと進出し、自由な就職を展開しています。一方で、院生は専門を活かした職選びが多くなっています。企業名には出てきませんが、プロフェッショナル職での採用が顕著です。

個々の就職先に目を向けると、国内有力企業への就職がかなり多く、中でも、NECは5名、日立製作所は3名の大量採用となりました。一方で、SAPジャパン、アクセンチュア、EYアドバイザリー、HUAWEI、ヴェオリアジャパン等、世界トップレベルの外資系企業への進出も目立っています。大学院の高い教育レベルを反映して、大学助教への異例の抜擢をはじめとして、専門性の高いプロフェッショナル職への就職が実現しています。公務員・独法系への就職も好調です。

実際には、一つ一つの就職の裏には、個々の学生のドラマがあり、このあたりの詳細を解説できないのは残念です。でも、他学科ではありえない幅広い分野への就職と、個性的な企業選択の雰囲気は、リストから感じていただけると思います。

以下に就職・進学先をご紹介いたします(名称は略称、順不同です)。

aa