シュテファン ホーテス 教授

Stefan Hotes

環境デザイン研究室

<専門分野>
持続可能性科学、環境科学
<研究テーマ>
持続可能性の観点から環境をデザインする
※2019年4月に着任

Profile :
2004年、ドイツ・レーゲンスブルグ大学にて博士号(理学)取得。イギリス・東 ロンドン大学健康及び生命科学研究科講師、東京大学大学院農学生命科学研究科 特任研究員・助教、ユストゥス・リービッヒ大学(ドイツ、ギーセン市)研究 員、フィリップス大学(ドイツ・マールブルグ市)研究員を経て、2019年4月より中央大学理工学部教授として着任。ランドスケープ科学・持続可能性学に関する学術論文に加えて実践者向けの図書も発表。国際連合の生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)のステークホルダーネットワーク構築に積極的に関わっている。

学生に期待する
3つの資質

  • 資質1自然と人に向けるまなざしの優しさ
  • 資質2多様な対象・事象への探求心
  • 資質3思いがけない変化に対応できる順応性
生物多様性から持続可能な社会を考える

持続可能性という観点

環境デザインを持続可能性の観点から捉えています。持続可能性科学という学問は人と自然の関わりを網羅し、異分野を統合する包括的な研究領域です。本研究室ではこの幅の広い分野に理工学の手法を用いて貢献し、人の考え方や行動(社会学、心理学、経済学など)を研究する専門家とも協力します。持続可能性は生態系や社会系などといった複雑な「系」の安定性や動態、特に攪乱後の回復力(Resilience、レジリエンス)と深い関係があります。レジリエンスはどのような条件下で保たれ、どのような時に失われるかを解明することは持続可能性に関する基礎研究の最終目的です。

協同の重要性

人間社会が気候変動や経済格差、生物多様性の減少など多くの互いに関連を持った課題に直面している中で、学術的な手法によって得られた知見を様々な主体と共有し、持続可能な生活様式を巡る議論に積極的に参加することが期待されています。本研究室ではこの社会の期待に応えられるように、いろいろな場で活躍している実践者と交流し、協力体制を作っています。例えば、野生生物の分布や個体数などといった自然現象を研究する場合に市民科学者と協力し、情報通信技術の進歩によって手に入った新たな可能性を利用し、今まで把握することができなかった社会生態系の動態の仕組みを解明することに挑戦します。

SDGsとIPBESの試み

地球規模の持続可能性を確保するためには土地や自然資源の利用を把握し、これらの人間活動が引き起こす効果を定量化する必要があります。国際連合の「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals, SDGs)がそのための一つの枠組みで、地域計画、都市計画などにおいても取り上げられるようになっています。SDGsと並行して、例えば「政府間生物多様性及び生態系サービスプラットフォーム」(Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystem Services, IPBES)を通じて社会生態系評価が実施され、このプラットフォームの活動に関わっています。

持続可能な社会をつくるための幅広い連携

本研究室では、社会生態系の仕組みを解明し、研究で得られた知見を、地域活動から国際的な政策にまで応用することを目指します。異なる分野の学問との協力を重視し、政策担当者・行政・企業・市民など実践の場で活躍している人と連携し、理論と実践の統合に意欲をもって取り組める学生を歓迎します。

ホーテス研を理解するためのキーワード4

  • 1. 生態系サービス

    生態系サービスとは、生物多様性がつくる生態系のはたらきを介して生み出される、人間社会にとってのあらゆる便益を指す。すなわち、自然の恩恵である。作物を得たり、採集したりできる「資源供給サービス」、災害を防いだり、汚染を取り除く「調整的サービス」、精神の高揚ややすらぎを与える「文化的サービス」、それらを支える光合成による生産や受粉などの「基盤的な生態系サービス」がある。
  • 2. 持続可能性

    Coming soon
  • 3. IPBES

    Coming soon
  • 4. レジリエンス

    Coming soon