ニュース
高田研究室学科のお知らせ保全生態学研究室

高田まゆら先生就任のお知らせ

2020年4月、高田まゆら先生が本学科の新任教員に就任いたしましたのでお知らせします。

高田先生が主催する研究室名は「保全生態学研究室(Conservation Ecology Lab)」。生物多様性の保全・管理の観点から、持続可能な社会の実現を目指します。フィールドワークやデータの統計解析を基本とし、飼育実験やDNA分析、地理情報システムを用いた空間解析など、多様な科学的分析・評価手法を統合的に駆使して研究を行ないます。

<高田先生からのメッセージ>
これまでさまざまな動物を対象に基礎生態学的、保全生態学的な研究を行ってきました。一番小さい動物は5mm程度の水田害虫、一番大きな動物はヒグマです。これからも人と動物との関係を科学的に評価し、生物多様性の保全や管理に貢献する研究を学生と一緒に行っていきたいと思います。

<高田先生のご経歴>
東京都出身。津田塾大学学芸学部数学科卒業。東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了、その後博士学位取得。学術振興会特別研究員DC、東京大学特任助教、帯広畜産大学助教を経て、東京大学大学院准教授に就任。2020年4月より中央大学理工学部人間総合理工学科に保全生態学研究室を設立。

より詳細な研究内容、経歴についてはこちらから。
aa